FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by uraken on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦賀名物・水飴

Posted by uraken on 16.2010 浦賀の歴史あれこれ 0 comments 0 trackback
 現在「浦賀の名物は何ですか」と問われると多くの人は、「わかめ」「たこ」などをあげますが、昭和の初めまでは浦賀の名物といえば、誰でも「水飴」といったほど有名なものでした。
 水飴の製造は『相模国風土記稿』によれば、天明年間(1780年代)に始まるということで、当時すでに、東西に8軒の水飴製造業者がいたこともわかっています。
 この水飴は、浦賀を訪れた多くの人の土産物として喜ばれたらしく、安政3年に美濃の郡上藩士・山脇正準が書いた『浦賀日記』にも水飴を買い求めた記事があります。さらに明治に入ってからは、アメリカの女性ジャーナリストで、ワシントンのポトマック河畔に桜を植えることに貢献したシッドモアも『日本・人力車旅情』の中で、「からだに良いたべもの」としてすすめられた浦賀の水飴のことを詳細に記しています。
 この水飴は、明治21年に開催されたパリ万国博覧会に出品されたり、同12年の国内勧業博覧会で褒章を受けるなど、浦賀発の全国レベルの食べ物であったことは間違いありません。

浦賀名物・挿し絵01

スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://uragadock.blog104.fc2.com/tb.php/9-8c701b4e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。