FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by uraken on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦賀歴史研究所講座「浦賀再発見PartIII」 詳細情報

Posted by uraken on 16.2011 イベント情報 0 comments 0 trackback
先日来お知らせしている浦研講座IIIについての詳細情報をお知らせします。

近世浦賀商人と文化ネットワーク ──『浦賀畸人伝』の世界

 好評の「浦賀再発見」講座シリーズの第3弾! 今回は、浦賀の文化人を取り上げます。
江戸の後期、文政12年(1829)に東浦賀の樋口有柳が刊行した『近世浦賀畸人伝』には、干鰯問屋を中心として栄えた東浦賀の町人なかに「畸人」(名物)といわれる人物が数多くいたことが紹介されています。かれらはさまざまな業種で活躍する商人ですが、また俳諧などを嗜む文人でした。そして、その文人としての交流は、江戸や房総九十九里浜、遠く紀伊半島にまで及びました。
 今回の連続講座は、4回にわたって、浦賀の「畸人」(名物)たちの波乱に満ちた人生と文化活動、海路を通じて全国各地の文人とつながる文化ネットワークの広がりを追い、また、かれらの俳句がどんなものだったか寸評・採点します。

6月21日(火) 第1回 近世浦賀商人と「浦賀畸人伝」
  • 講師:山本詔一(浦賀歴史研究所所長)
6月28日(火) 第2回 「浦賀畸人伝」と海路の文化交流 ―俳諧と漢詩と書物出版と―
  • 講師:杉 仁(元早稲田大学講師)
7月 5日(火) 第3回 「浦賀畸人伝」と海路文人たち
          ―寺泊 桐谷道意、紀伊 宮原石二、仙台 松下国五郎 ほか―
  • 講師:杉 仁(元早稲田大学講師)
7月12日(火) 第4回 「浦賀畸人伝」の俳句を寸評すると…
  • 講師:復本一郎(神奈川大学名誉教授)

時 間:各回とも午後1時30分~3時30分
会 場:住重浦賀工場内 (仮称)ミュジアムパーク推進センター(浦賀生協前入口)
資料代:1回500円(当日)
*駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用ください


問い合わせ先:浦賀歴史研究所事務局
〒239-0824 横須賀市西浦賀2-1-3 金文堂信濃屋書店内
TEL. 046-841-0057
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。